軽井沢森のカフェ便り



カテゴリ:お出かけ( 37 )


ガーデンソイル

先週のお休みにガーデンソイルに行って来ました。

須坂に向かう高速道路から見える美しい北アルプス
菅平の峰の原はまだ雪に覆われスキー場も営業中
a0166264_0292194.jpg


この日はとても暖かく、ガーデンソイルの庭は水仙、辛夷、クリスマスローズ等が
咲き始めていました。
a0166264_0323932.jpg


センスの良い小物、オーナー手作りの小屋等庭作りのヒントが沢山。
a0166264_0352540.jpg


そろそろ庭仕事・・・・と思っていましたら今日は夜明け近くから雪が降り始め一日真冬日に。
先週咲き始めたクロッカスや蕾が見え始めた水仙も雪に覆われ
リス君も雪に濡れて寒そう。
a0166264_042686.jpg

今週植えようと思っていた苗も家の中で待機中。
by karuizawamoricafe | 2015-04-09 00:50 | お出かけ

旅の終りに 2

ホーエンザルツブルグ城の右手に見える岩壁の上メンヒスベルク、ここに近代美術館
があります。  岩盤をくり抜いて作られたエレベーターで上に登ると町中が見渡せます。
美術館の中にあるカフェに入り、ティータイム。
a0166264_2321830.jpg

a0166264_2324164.jpg

ずっと曇り、霧雨と青空を見る事がなかった10日間でしたがうっすらと青空が見え、
遠くの山が白く見えました。


旧市街に戻り街を散策。
馬車が沢山走っています。
a0166264_2394649.jpg

a0166264_2310942.jpg

ここで初めて自由時間、(方向音痴の私が迷子?にならないようにずっと一緒でしたので)
主人は写真を撮りに、私はショッピング。
岩塩のお店やチョコレートのお店、雑貨屋さん、民族衣装のお店等を駆け足で見てまわりました。
a0166264_23163343.jpg

a0166264_23165969.jpg

a0166264_23172648.jpg

a0166264_23182438.jpg

広場にはモーツアルト像
a0166264_23205250.jpg

スケートリンク
a0166264_23214517.jpg

祝祭劇場
a0166264_23303189.jpg


待ち合わせてモーツアルトの生家へ。
a0166264_23232463.jpg

写真はいけなかったようですが2枚だけ。
a0166264_23245383.jpg

モーツアルトが使っていたヴァイオリンとピアノ。
鍵盤の数は今のピアノより1オクターブ位少ないのですが、奥行きは長いピアノでした。

いよいよザルツブルグとお別れ。
a0166264_2337746.jpg


ミュンヘンに戻る列車
a0166264_23402597.jpg

うっすらと遠くにアルプスが見えました。
a0166264_2345431.jpg

a0166264_23462090.jpg


拙い旅行記を最後までお付き合い頂きありがとうございました。
自身の記憶が遠のく前に・・・と書き連ねました。
今回も主人の他、毎日ネコちゃんのお世話に来てくれたK子さん。
メールで毎日のように追分情報を送って下さったCさん、いろいろ旅情報を
教えてくれた娘に沢山の有難うを送ります。
by karuizawamoricafe | 2015-01-26 00:00 | お出かけ

旅も終りに 1

オーベルンドルフから戻り、もう一度ミラベル庭園へ。
宿り木だらけの木にびっくり。
a0166264_23332423.jpg

街のどこからも見えるホーエンザルツブルグ城に向かいます。
ザルツァッハ川の橋を渡り、崖に沿って造られているエレベーターに乗り一気にお城の広場に
着きました。
a0166264_23381923.jpg

お城の広場にもクリスマスマーケット。
a0166264_23392161.jpg

城壁から大聖堂と街を望みます。    
a0166264_23404126.jpg

緑の広場に可愛らしい家。   この家は昔死刑執行人の家だったそうです。
今は別荘として個人の家として使われているようですが・・・不思議な直線の道は十字架
だそうです。
a0166264_2346546.jpg

お城の近くにはサウンド・オブ・ミュージックのロケで使われたマリアのいた修道院があります。
a0166264_23542353.jpg

他にもロケで使われた場所が沢山
ピクニックに行く途中通った馬の足洗い場
a0166264_0258100.jpg

ナチスから逃げる前の最後演奏会場となったフェルゼンライトシューレ。
冬季は開場時間が短く中を見る事は出来ませんでした。
a0166264_23565090.jpg

隠れた修道院の墓地
a0166264_22195264.jpg

ピクニックに行く時渡ったモーツアルト小橋
a0166264_22215719.jpg



お城の下の広場に戻ると大聖堂の入り口でクワイアーのコンサート
a0166264_0101099.jpg

バランスよくハモっていて素晴らしいコーラスでした。

旅の最後の晩ご飯  旧市街地のビアレストランで。
a0166264_0221098.jpg

主人は旅最後のソーセージとザワークラウド、私はグーラッシュの様な牛肉の煮込み
お隣のテーブルでは大きなグラスで黒ビール、私達の顔を見て「乾杯!!」と日本語で。
a0166264_0253739.jpg

a0166264_0292037.jpg

暗くなりお城はライトアップ
a0166264_0124148.jpg

マカルト橋もライトアップ 幻想的で美しかった。。
a0166264_0191861.jpg


翌朝ホテルで朝ごはん
a0166264_0315512.jpg

素敵な民族衣装のスタッフ
a0166264_033633.jpg

落ち着いた居心地の良いホテルでした。
a0166264_0344819.jpg

フロントに飾られたリース
a0166264_035395.jpg

2日間でしたが良い思いでになりました。
by karuizawamoricafe | 2015-01-25 00:40 | お出かけ

「聖しこの夜」のうまれた町へ

ザルツブルグからローカル線で25分
a0166264_23112569.jpg

オーベルンドルフの町に「聖しこの夜」がうまれた教会があります。
小さな駅を降りると小さな看板が
a0166264_2314594.jpg

教会に向かう途中の家々はドイツで見て来た家とはまた違っています。
a0166264_23185743.jpg

a0166264_23191923.jpg

a0166264_23205625.jpg

ザルツァッハ川沿いに歩いて行くと川がU字に流れています。
川の向こうはドイツ。
a0166264_23302572.jpg

めざす教会はこの川の堤防の下
a0166264_23312481.jpg

ザルツァッハ川の洪水で教会は被災し、今は跡地に小さな礼拝堂がたてられています。
1800年代、クリスマスを間近にして壊れてしまったオルガン。
その時の神父が自作の詩に音楽教師が曲を付け、オルガンの代わりにギターの
伴奏で2部合唱したのが「聖しこの夜」でした。  それから世界中で歌われるように。
2人のレリーフ
a0166264_2343141.jpg

礼拝堂は20人も入ればいっぱいの小さな建物です。
ステンドグラスにはモール神父と作曲したグルーバー
a0166264_23454166.jpg

楽譜も架けられていました。
a0166264_23463095.jpg

私達が礼拝堂に入る前、イタリアからの観光客がいて皆で「聖しこの夜」を歌っていました。
外に出ると民族衣装を着た素敵な女性達
a0166264_23491672.jpg

礼拝堂脇の広場ではクリスマスマーケット
a0166264_23493519.jpg

ここでもグリューワインを飲んでご機嫌な方々が。
a0166264_23503485.jpg

素敵なクリスマスグッズのお店
a0166264_23511516.jpg

a0166264_083665.jpg

主人はこのカンテラが気に入って・・・でも高さが60センチ位。  持って帰れませんね。
近くのカフェでウィンナーコーヒーとアップルシュトゥドゥーデル、シュバルツベルガートルテ
を頂きました。 
a0166264_084581.jpg
   
オーベルンドルフ   祈りに包まれた清楚な礼拝堂、素敵なところでした。
 
by karuizawamoricafe | 2015-01-23 00:10 | お出かけ

ザルツブルグ

モーツアルト生誕の地、映画The Sound of Musicの舞台になったザルツブルグ。

シュトゥットガルトから特急で約4時間、6人掛けのコンパートメントでの移動です。
座席を確認しながらドアを開けると既にドイツ人のご夫婦らしい素敵なカップルが窓際に
座っていらっしゃいました。
列車が走り始め、美しい景色を目で追っていましたが。
a0166264_2358321.jpg

ご夫婦が私達に「日本人ですか?」と英語で話しかけてきました。
暫くいろいろなお話をして分かったのですが、この御主人はドイツの宮崎駿さんのような
方でした。
子供から大人まで楽しめるアニメの作家、監督で「昨日はシュトゥットガルト、今日は
ミュンヘンで映画のプレミア・ショーがある為移動中との事。
プレミア・ショーではわずか10~20mくらいの距離なのにリムジンが迎えに来た・・・と
困った顔をされていました。  日本で公開されたら見に行きたいと思います。

ご夫婦とミュンヘンでお別れし、私達はそのままザルツブルグに。
ザルツァッハ川を渡るとすぐザルツブルグの駅に着きました。
a0166264_0151785.jpg

a0166264_0153974.jpg

ホテルでチェックインをしてすぐに近くのミラベル庭園に。
a0166264_0155625.jpg

サウンド・オブ・ミュージックはビデオ、レーザーディスク、DVD、ブルーレイといろいろ
持っていて何度もみている映画です。
こんなバスも止まっていましたよ。
a0166264_027475.jpg

ミラベル庭園のここでこんなシーンが・・ここではこんなシーンがと私ではなく主人が。
季節の良い緑豊かな時に是非もう一度。

モーツアルトの住んでいた家は
a0166264_029474.jpg

a0166264_0292561.jpg

中はかなり広く実際につかわれていた楽器や作曲した楽譜等展示してありましたが
撮影禁止。
家の外だけ。
a0166264_0333577.jpg


この日は日曜日で街のレストランはほとんどお休み。
ホテルで教えて頂いたビアレストランを探しながら歩いていると
クリスマスマーケット
a0166264_035755.jpg

a0166264_0352451.jpg

落ち着いた雰囲気のマーケットでした。
美味しそうなパンも。
a0166264_0363511.jpg

ドイツではビールを飲まずじまい、せっかくなのでご当地のビールで乾杯!
a0166264_0403158.jpg

毎日本当によく歩き、旅もあと少し、普段は飲まない二人ですがこちらで飲んだビールは
「美味しかった~」
サラダやパンも美味しく、ヴィナーシュニッツェルは大きかったのにペロリと頂いて
しまいました。
a0166264_0463037.jpg

a0166264_0465065.jpg

お泊まりのホテルは名前が気にいって予約した4つ星ホテル
ホテル・モーツアルト。
a0166264_0534342.jpg

おやすみなさい。
a0166264_0495935.jpg

by karuizawamoricafe | 2015-01-21 00:54 | お出かけ

シュトゥットガルトのマーケット

街によってそれぞれ特色のあるクリスマスマーケット。
シュトゥットガルトのクリスマスマーケットはマーケットに出展している店の屋根の装飾が
半端なく賑やか・・というか派手・・というか・・可愛い・・というか・・・
よくこんなに・・と思うほど屋根の上は飾りつけされていて。
a0166264_2354644.jpg

a0166264_2364785.jpg

キリスト生誕の場面や
a0166264_23112436.jpg

a0166264_23114968.jpg

パイプ人形やくるみ割り人形だったり
a0166264_2312181.jpg

a0166264_23124229.jpg

沢山のプレゼントが積んであったり
a0166264_2313149.jpg

a0166264_2314685.jpg

a0166264_23363329.jpg

a0166264_23365448.jpg


教会の中ではヴァイオリンとパイプオルガンのコンサート
a0166264_23164863.jpg

そして外では子供たちが聖歌を演奏していました。
a0166264_23245535.jpg

本当に上手で可愛らしく、ポケットにあった€を献金に。

ドイツクリスマスマーケットもこの日が最後。
次の日はオーストリー、ザルツブルグに向かいます。
by karuizawamoricafe | 2015-01-19 23:39 | お出かけ

中世のクリスマスマーケットへ

次の日はシュトゥットガルトから電車で17分程の所にあるエスリンゲンという街に
行きました。
この街は古い木組みの家や発泡ワインで有名なゼクトの発祥の地としても有名な街です。
旧市街は14世紀に造られた城壁で囲まれています。
駅から広場に向かう途中市場が開かれていました。
a0166264_22194410.jpg

新鮮な野菜が沢山
a0166264_22202386.jpg

a0166264_22204846.jpg

ハーブや黒大根、カラフルな蕪、コールラビや根セロリ、ホースラディッシュや縮緬キャベツ等
欲しいお野菜ばかりで目の毒です。
ここで気になったのはお買い物にきている方が皆籠を持ってきている事。
a0166264_23592837.jpg

a0166264_23594455.jpg

過剰な包装無しで、お野菜、パン、チーズ、ソーセージ等籠に入れて買っています。


ネッカー川にかかる橋を渡ると旧市街です。
a0166264_22393480.jpg

さっそく素敵な木組みの家です。
a0166264_2246775.jpg


マーケットが開くまで少し時間があったので城壁に登ってみました。
が・・・・・ずっと続く階段、
a0166264_2232425.jpg

途中で降りたくなりましたが、頑張って上まで。
上からは赤い屋根の旧市街が見下ろせました。
城壁の下は葡萄畑がずっと遠くまで続いています。
a0166264_22374298.jpg

a0166264_22493066.jpg

下りの階段、時々休みながらやっと降りる事ができました。
中世の人ってすごい。。

マーケットがオープンしました。
この街は中世のクリスマスマーケットでも知られています。
売っている物も売っている人も中世のままです。
a0166264_23132057.jpg

ハープを弾きながらホルンの様な楽器を吹いて・・・素晴らしい演奏でした。
a0166264_23144962.jpg


街の人々がこのマーケットの為に髪や髭をのばし、中世の衣装をきてマーケットを
盛り上げています。
a0166264_22595664.jpg

a0166264_23332.jpg

a0166264_2332792.jpg

パンも石窯で薪を使って焼いています。
a0166264_2343081.jpg

鍛冶屋さんはふいごで火をおこし鉄を打っていました。
a0166264_2382218.jpg

市場で見かけた籠もありました。   欲しかったけれど持って帰るには大きすぎて。
a0166264_23224227.jpg

グリューワインを飲みながらお風呂に入っている人も。
a0166264_23235180.jpg

宿り木
a0166264_23293472.jpg


他のマーケットとは違う楽しいマーケットでした。
帰り、街のシンボルの綱渡り名人に別れを告げて。
a0166264_235193.jpg

by karuizawamoricafe | 2015-01-18 23:53 | お出かけ

シュトゥットガルト

インターシティーでシュトゥットガルトに移動。
小さな村や町、緑豊かな牧草地等を沢山通り過ぎ2時間15分程でシュトゥットガルトに着きました。
ホテルの窓から見た駅
a0166264_236392.jpg

今は駅前がリフォーム中の様子、ホテルは移動し易いように駅からすぐのところにしました。
荷物をおいてケーニヒ通りというメインストリートから宮殿広場に向かいます。
a0166264_2311332.jpg

通りの両側はブランドのお店が並び、広場に向かう人で賑わっています。
広場の入り口、中央郵便局のある建物前
a0166264_23134539.jpg

こちらのマーケットは子供たちが喜びそうです。
観覧車に
a0166264_23182196.jpg

a0166264_23184822.jpg

ミニのSL
a0166264_23194858.jpg

スケートリンク
a0166264_23202449.jpg

大人も一緒に喜んでいますね。
こちらのマーケットでは色とりどりのローソクを売っているお店が多い様な。
a0166264_2323513.jpg

a0166264_2324813.jpg

a0166264_23242816.jpg

もちろんマーケットにはソーセージ屋さんも沢山。
a0166264_2325286.jpg

ん~~~。やっぱり美味しい。
a0166264_23265693.jpg

いつの間にかすごい人、人。
少し寒くなって、ホットチョコレートを飲んだり、ソーセージやポークのコンフィーを食べたり
お腹もいっぱい、よく歩いて疲れてしまってホテルに戻る事に。
宮殿広場も暗くなり、 クリスマスツリーがきれいに輝いていました。
a0166264_23371153.jpg

by karuizawamoricafe | 2015-01-17 23:37 | お出かけ

ニュルンベルグ2

聖ローレンツ教会
天井に架けられているファイト・シュトス作 [受胎告知」 のレリーフ
素晴らしい彫刻の「聖体安置塔」 作者のアダム・クラフトの像
大きなパイプオルガン 鍵盤は5段ありました。
a0166264_23201552.jpg

a0166264_23203876.jpg

a0166264_2321985.jpg

丁度練習中で優雅な響きを聴かせて頂きました。

外に出ると霧雨の中、郵便馬車が小さなお客様を乗せて。
a0166264_23244231.jpg


次の朝 神聖ローマ帝国の居城だったカイザーブルグへ向かいました。
街を巡る城壁の王冠の形をした所に建てられています。
広場からは、かなり急な石畳を登り、お城に着いた時は息が切れてしまいそう。
a0166264_2338450.jpg

a0166264_23392161.jpg

お城の入り口から街を見下ろして
a0166264_23421794.jpg


広場にある 「美しの泉の塔」
a0166264_23434042.jpg

鉄の柵にはめられた金の輪を3回転する間に願い事をし、誰にも打ち明けずにいると
願いが叶えられるとの事。    叶うといいな。
a0166264_2347122.jpg

ホテルに戻る途中こんなお家がありました。
a0166264_23482576.jpg

プレゼント沢山もらえるかしら。

ニュルンベルグ駅
a0166264_23491950.jpg

駅の近くにあるオペラハウス
a0166264_23501075.jpg

「タンホイザー」 ローエングリン」 「ニュルンベルグのマイスタージンガー」
等の作曲家リヒャルト・ワーグナーのレリーフがオペラハウス正面にありました。
a0166264_23531197.jpg

オペラハウスの隣は主人が行きたかったドイツ鉄道博物館
a0166264_23585651.jpg

精巧な模型はもちろん大きな本物の機関車も
a0166264_054236.jpg

a0166264_061297.jpg

a0166264_06561.jpg

ノイシュバンシュタイン城、バイエルン王 ヴィッテルスバッハ家のルートヴィヒ2世が乗っていた
華麗な列車も
a0166264_09552.jpg

一番新しい特急と一番古い機関車
a0166264_0104034.jpg


この鉄道博物館にはナチスの行った負の遺産も沢山展示されていました。
沢山の若い方々が熱心に見学していました。
自国の負の遺産をありのままに展示している国。
国の違いを深く感じました。
by karuizawamoricafe | 2015-01-17 00:27 | お出かけ

ニュルンベルグ

ローテンブルグから列車でニュルンベルグへ向かいます。
a0166264_074479.jpg

ところがニュルンベルグにあと少しというところの小さな小さな駅で列車が止まってしまいました。
何か車内放送で言っているようですが早口のしかもドイツ語。
そのうち乗客がどんどん降りてしまい、私達だけ?みたいになってしまいました。
あわててとび降り英語の分かりそうな方に聞いてみると、前の列車が故障の為
乗っていた列車はここでストップ、いつ運転再開するかわからないので近くのバス停
からニュルンベルグに向かって欲しい・・・らしい。  駅前はお店も何もない。  タクシーも。
a0166264_055538.jpg

既に歩きはじめた人達の後を追いかけるように重い荷物をごろごろ転がしながらバス停に
向かいました。
近くの・・・と聞いていた筈なのにバス停まではかなり歩き、やっと来たバスに乗り込み
ニュルンベルグ近くの町のバス発着場に着きました。
これが列車での移動、2回目のハプニング。
ショッピングモールがあったので簡単な昼食をとり、タクシーに乗り換えやっとその日のホテルに
着きました。
マーケットはホテルからゆっくり歩いても5分程の所でした。
ニュルンベルグのクリスマスマーケットはドイツ3大マーケットの一つと言われています。
それは上から見てこのような規模で分かりました。
a0166264_0121482.jpg

統一された紅白のストライプのテントが広場を埋め尽くし、更に教会の裏手までずっと続いています。
ミュンヘンやローテンブルグのマーケットとお店の雰囲気も置いてある物も少し違っています。
a0166264_019154.jpg

a0166264_0193262.jpg

a0166264_0202790.jpg

素晴らしい木彫り、藁細工、繊細な品が多い様な気がします。
ニュルンベルグといえばやはりソーセージ、ニュルンベルガーソーセージは長さが9センチと
決まっているそうです。  奥の方にある短いソーセージ。    美味しそう。
a0166264_0255560.jpg

ニュルンベルグクリスマスマーケットのシンボルと言われるクリストキントに会いたかったのですが、
列車のハプニングで2時半~3時のお出まし時間に間に合いませんでした。
   *クリストキントとは 
  2年に一度町の16歳から19歳の女の子の中から投票で選ばれる。
  天使のような服を着て、子供達にプレゼントを持ってきてくれると言われている。
  長い金髪の巻き毛、金の王冠を被っている。

女の子にとってこのようなクリストキントに選ばれる事はとても名誉な事だそうです。

クリストキントの人形が沢山ありました。
a0166264_046378.jpg

広場の上にも
a0166264_0473116.jpg


リースのお店
a0166264_0502564.jpg

a0166264_0504810.jpg

インテリア雑貨のお店
a0166264_0513075.jpg

a0166264_0545926.jpg

シュタイフのお店
a0166264_0525273.jpg

シュトレンやケーキ
a0166264_0533213.jpg

パン屋さんのショーウインドーに飾られたガラスのローソクが素敵。
a0166264_0555610.jpg

またまたウインドーショッピングで・・・

辺りも暗くなって広場前のフラウエン教会もライトアップされてきれいでした。
a0166264_12574.jpg

by karuizawamoricafe | 2015-01-13 01:05 | お出かけ


森の中の小さなカフェから お菓子、料理、庭の事等
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
雨氷の後
at 2016-02-04 15:08
久しぶりの雪に
at 2016-01-21 20:00
遅ればせながら
at 2016-01-15 18:45
ワンプレートランチ終了のお知らせ
at 2015-11-14 07:05
秋も深まって
at 2015-10-30 06:40
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧