軽井沢森のカフェ便り



<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


我が家の猫ら

我が家にジュンがやって来てもう半年。
やって来た時はガリガリに痩せて、頭には傷、犬歯(猫歯?)の片方が欠け
顔にはダニ(これはすぐ獣医さんに取って頂いた)。
お腹が空いて空いてなんでも食べたがり、本当に大変でした。

そんなジュンも避妊の手術を受け、今はすっかり落ち着いて我が家の猫に。

お近くの友人からこんな本をお借りしました。
a0166264_0252795.jpg

ページをめくるのが楽しくなってしまう猫好きにはたまらない本。
いろいろな仕草、表情がユニークなコメントと写真で紹介されています。

そこで我が家の猫らも。
推定今年7歳のミューミュー。  おっとり、のんびり、マイペースな眠り姫
a0166264_0322144.jpg

a0166264_033648.jpg

a0166264_0333734.jpg

本当に一日の内、起きているのはほんの少し。
ジュンが来てから時々追いかけられて遊ばれて、(時々は運動しないとね。)
ジュンともこんなに仲良し。
キャットフードも取りあいもせず適当に召し上がっていますし。
a0166264_143153.jpg

a0166264_0372798.jpg


ジュンはまだまだ遊び盛り。
なんでもおもちゃにして飛びまわっていますが、一番好きな所は
a0166264_0392362.jpg

パパさんの腕の中。
起きている時はパパさんの見えるところで毛繕い
パパさんが見えなくなると(お手洗いに行ったりするとドアの外で出てくるまで鳴いて)
パパさんゆっくりお手洗いにも行けない?

a0166264_0434429.jpg

こーんな格好で寝たり
a0166264_0441274.jpg

時には袋を被ってスーパーにゃん子になったり
a0166264_0444052.jpg

お得意のポーズ。  おっさん座り。  ちょっとちょっと!!
a0166264_0473516.jpg

夜はジュンはパパさんと。
ミューはいつの間にか私の枕を占領して。
陽のあたる所、ストーブの前、ホットカーペットの上、夜は布団の中。
一日中温かい所でヌクヌク。
「ニャー」と鳴けばご飯が出てきて、「ミャー」と鳴けばいい子いい子されて
あなた達、本当に時々代わって欲しくなるのですが。。。
でもどれだけ癒されているか・・・我が家に来てくれてありがとね。
by karuizawamoricafe | 2013-02-06 01:12 | 好きな物 | Comments(3)

キルトフェスティバル

冬季のお休みに入ってすぐ、毎年東京ドームで行われているキルトフェスティバルを
見に行ってきました。
前売り券も買って前日は娘の所に泊まって、開館時間前に着いたのにやはりすごい人・人
入場するまでに30分位かかりました。

今回どうしても見たかったのはターシャの手仕事
入ってすぐの所にコーナーがありましたがすでにすごい人だかり。
やっと流れに沿って憧れのターシャの世界をみる事ができました。
a0166264_23384469.jpg

一針、一針、庭仕事の出来ない冬の日に作ったのでしょうね。
飾られたベッドカバーからは、なにか温かいものが伝わって来たような
気がしました。
すぐに何でも手に入る時代ですが、羊から羊毛をとり、紡いで糸にし、染めて
織る・・・・本当に贅沢な素晴らしい手仕事の数々。
ほんの少しの端布をも大切にキルトとして再生する・・・ますますターシャの
ファンになってしまいました。
a0166264_23514935.jpg

これはターシャの手仕事を支えた道具
a0166264_23541215.jpg

他にターシャの長男のお嫁さんが作った素晴らしい人形やターシャが
友人に送った手作りの品も展示されていました。

いっかくにターシャの好きだった言葉が。
「手作りのプレゼントは、贈り物を2回するのと同じ。
 手作りする行為とプレゼントそのものとで。」

皆さんその場で噛みしめる様に読んでいらっしゃいました。
私も同じ。

昨年秋の誕生日に、と、主人のセーター編みはじめたけれど、誕生日に間に
合わず、クリスマスにも、お正月にも間に合わず。
でもバレンタインにはどうしても間に合わせたいなぁ~。
ターシャの様な気持ちをこめてね。emoticon-0136-giggle.gif

もう一人イギリスの児童文学の作家、ルーシー・ボストン婦人のコーナーも
あったのですが、こちらはガードマン付きで撮影禁止。
80歳代が一番多くの作品を作られたとか。
色の組み合わせ、モチーフ等、素晴らしかったのですがお見せ出来ず残念。

こちらのコーナーもすごい人だかりでした。  三浦百恵さんの作品
a0166264_085163.jpg

とても近くには近寄れず、離れた所からやっと。

大好きな草乃しずかさんの刺繍、今年も素晴らしい作品でした。
a0166264_0104256.jpg


他にも沢山の作品(1辺1センチの8角形をつないだベッドカバーとか、和の縮緬
のみで作られたタペストリーとか・・・・)
本当に素晴らしい作品ばかり。   目の保養と又作りたい気持ちが湧いて
きました。

気がつくとこんなに沢山の人。
a0166264_0215695.jpg

人口の少ない静かな軽井沢に住み慣れてしまい、大勢の人をみると酔って
しまいそうになります。
皆さんが一斉にお帰りになる前に会場を後にしました。
 
by karuizawamoricafe | 2013-02-05 00:39 | 手仕事 | Comments(1)

冬季休暇のお知らせ

森のカフェのお客様へ
2月7日まで冬季休暇を頂くことになりました。
御迷惑をおかけ致しますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2月3日(日) 午後2時30分より   軽井沢コルネにて    
オーベルタン・オルガンコンサートがあります。
演奏  スイス バーゼル音楽院教授  ルドルフ・ルッツ
ドイツバロック様式、フランス古典様式による即興演奏。
曲目は当日その場でお客様と一緒に決められます。


もうすぐ立春、先月はアルジェリアで悲しい事件がありました。
遠い地で亡くなられた方々、心から御冥福をお祈り申し上げます。
大切な方を亡くされた御家族にも明るい春が早くきますように。
by karuizawamoricafe | 2013-02-01 22:51 | お知らせ | Comments(0)


森の中の小さなカフェから お菓子、料理、庭の事等
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
雨氷の後
at 2016-02-04 15:08
久しぶりの雪に
at 2016-01-21 20:00
遅ればせながら
at 2016-01-15 18:45
ワンプレートランチ終了のお知らせ
at 2015-11-14 07:05
秋も深まって
at 2015-10-30 06:40
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧