軽井沢森のカフェ便り



2010年 10月 08日 ( 1 )


キノコの季節に

大変ご無沙汰してしまいました。
朝晩の冷え込みと共に秋が駆け足でやってきました。

この数週間私達は「試練の時」を過ごしていたように思います。
今年の異常な夏の暑さが体に応えたのでしょうか、埼玉の義父が天に召されました。
本当に急な突然の事で家族の悲しみは大きく、亡くなってからも信じられない様な気持が
続きました。
入院した日、長男である主人、二人の妹と昼間病院で話をしていたのに、その夜の事でした。

私の事も実の娘のように可愛がって下さり、何か作ってお持ちすると顔をほころばせて
「うまいな~。うまいな~。」と召し上がって下さいました。
木々や花が大好きだった義父、温室にはいつもきれいな蘭の花が咲いていて
いつもその時一番見事にさいている蘭を惜しげもなく切って下さいました。
義父の手がけた桃やブドウ、柿、キウイ等は本当に美味しく、いつも収穫の時の
いいとこどりの時に行っては沢山頂いてきました。
一年かけて摘果、枝の剪定等手をかけて育てた果実はどこの果実よりも美味しかった。
心から感謝の気持ちでいっぱいです。
「お義父さん 本当にありがとうございました。どうぞ安らかにお休み下さい。」

森のカフェはこの間10日近くお休みさせて頂き、前からご予約を頂いていたお客様には
ご迷惑をおかけ致しました。
又、ご連絡先が分からず当日お見えになられてしまった方々も、本当に申し訳ありませんでした。

義父の葬儀が終り、久しぶりに庭に出ると、例年より早くキノコが出ていて
a0166264_21225768.jpg

a0166264_21231535.jpg

義父の大好きなキノコです。
2年程前軽井沢来た時、「ここにも、ここにも・・・・」と裏の森の中で一緒に
沢山採った事がありました。  リコボーと言われるヌメリイグチです。
さっそく塩ゆでしてお味噌汁に。
a0166264_2127881.jpg


そして我が家の愛猫ベッカム君、義父の亡くなる何日か前には小さな小さなローソクの
火が今にも消えてしまいそうな程衰弱し、心配で心配で眠れない夜が続きました。
もう口からは何も受け付けず、本当に痩せてしまって軽くなったベッカム君を抱いて
涙を流していましたが、他に出来ることは?  
獣医さんに鼻からカテーテルを入れて頂き4時間おきに薬と栄養剤を流しこむ事に
なりました。
私達が埼玉に行っている時は、いつもいろいろな時に助けて下さるTさん、K子さんご夫婦が
一日中ベッカム君の傍にいて、薬や栄養剤、そして面倒をみてくれました。
そして少しづつ元気を取り戻しつつあります。
ベッカム君のその後は?   又ご報告します。

10月になり、こんなカボチャをストーブに飾ってみました。
a0166264_21484860.jpg


薪も届き、ストーブを炊き始めるのもすぐでしょう。
by karuizawamoricafe | 2010-10-08 20:54 | 季節のいろいろ


森の中の小さなカフェから お菓子、料理、庭の事等
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
雨氷の後
at 2016-02-04 15:08
久しぶりの雪に
at 2016-01-21 20:00
遅ればせながら
at 2016-01-15 18:45
ワンプレートランチ終了のお知らせ
at 2015-11-14 07:05
秋も深まって
at 2015-10-30 06:40
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧